インプラントや虫歯治療で白い歯に~歯の明度を上げて表情も明るく~

虫歯の治療を行う

人工歯根の埋入の前にすること

インプラント治療を歯科で受ける前に、しておくことがあります。その治療前しておくことは、歯の表面にある歯垢などをできる限り除去し、虫歯なども治療をしておくこということです。その理由は、インプラント治療は口の中に細菌がないということが、前提となっているからなのです。そういった細菌がインプラントに感染してしまうと、人工歯根が顎の骨から脱落してしまう可能性があるからです。 歯科医院では、インプラントに細菌が感染しないように、細々と注意をはらっているのです。例えば、手術に使う医療器具などは当然殺菌しており、手術室も個室にして、一般の治療室とは分けています。さらに、空調にも気を使っている歯科医院もあり、細菌による感染を防ぐ処置が現住に施されているのです。 ですから、口の中にできるだけ菌がいないように注意をはらって、インプラント治療を受けるようにします。

機能とともに審美的にも良い治療

今日では、インプラント体を埋入してから短期間で、柔らかい食べ物であれば、噛むことができる治療方法があります。その治療方法は、女性に人気があるといわれています。それは、顎の骨に人工歯根を埋入した直後に、仮歯といわれる義歯を取り付けるため、口元の美観がある程度取り戻せるからです。その治療方法では、義歯が手術直後に付くので、その日から人前にも出られるようになるともいわれているのです。 さらに、女性に人気があるという理由は、審美歯科に通じるものがあって、元の歯よりも美しく仕上がる可能があるからのです。欠損などした歯の機能回復とともに、口元の美しさをも向上させることができる、治療法として人気が出ているのです。 その人気の治療法は、即時加重インプラントと呼ばれています。