インプラントや虫歯治療で白い歯に~歯の明度を上げて表情も明るく~

麻酔科医のいる病院

歯科選びが最も重要です

突然、奥歯の親知らずが痛くなった時は、普通の人なら近くの歯科へ受診します。 ですが、歯科嫌いの人は、痛みを我慢してでも足を運びたくない場所です。 歯科が嫌いな人のほとんどは、「歯科は痛い」や「歯科は怖い」といった理由によるものです。 普通の歯科で治療を受けますと、少なからず痛みは伴ってきますし、痛い思いをすれば歯科へは行きたくなくなります。 しかし、痛みを伴った親知らずを放置しておけば、まわりの歯にも良くない影響を与えますし物を食べることが困難になり、消化も悪くなるので胃にも悪いのです。 ですから親知らずは、早めに抜歯などの処置をした方が良い場合もあります。 それでも歯科に行けないとおっしゃる人には、とっておきの策があります。 それは、麻酔科医のいる歯科を選ぶことです。 麻酔科医がいて、麻酔の設備が整った歯科ならば、歯科への恐怖心がある人の治療も、楽に受けられるのです。

どんな人でも苦痛なく治療できます

麻酔の設備の整った歯科では、歯科への恐怖心がある人でも安心して治療が受けられるよう、様々な方法が用いられています。 それは、麻酔を使って恐怖心をおさえる方法です。 このような方法は、麻酔科医が勤務している大学病院などの歯科や口腔外科で、受けることができるのです。 麻酔の種類は様々ありますが、歯科への恐怖心が比較的軽い場合は、「笑気麻酔」を使用して治療を行ってもらえます。 笑気麻酔は麻酔科医の付き添いの元で行われます。 鼻から麻酔を吸い込むことで、お酒を飲んだ時のような、ほろ酔い状態になります。 笑気麻酔が効いてくると、とてもリラックスした気分になれますので、歯科治療への恐怖心もなくなります。 治療が終わり麻酔が切れた後は治療中の記憶があまり残らないので、気付いた時にはもう治療は終わり親知らずも抜歯されていたというくらい、あっという間に治療ができます。 また、後から治療中のことを思い出して怖くなるということもありません。 笑気麻酔でも怖いという人には、もっと効き目のある「静脈鎮静法」という方法を用いて、親知らずの抜歯が行えますので安心です。 これらの方法を利用すれば親知らずの抜歯だけでなく、様々な歯科治療も楽に行うことができます。 ですから、歯科への恐怖心がある人も、安心して歯科治療を行って下さい。